<< 真珠のブローチ | main | スパークリングワイン >>

筆記具 3種

筆記用具書きやすいボールペンを探して、また、筆記用具を購入してしまいました。

私の最愛のボールペンは、三菱鉛筆のリサイクルボールペン「廃ガス管シリーズ」1本73円(税込)なんです。会社で購入している事務用ボールペンなのですが、何故か、このボールペンだと美しい(自己判定)文字が書けます。
インクの伸びの良さが私の筆圧に合っているのだと思います。
ただ、ビジュアル的にちょっと頂けない…。
それと、最近は探しても売っていなくて、殆ど入手不可能になってしまいました。三菱にお話を伺ったところ、軸は再利用品だけど、中身は他の製品と一緒との事。そこで、他の製品を買ってみたのですが、やっぱり、違うんですね。インクに伸びがないというか、インクがサラサラしすぎているというか。
もう、入手は不可能なんでしょうかね。

ただ、ただ、そのビジュアルだけで購入してしまったのが、コクヨ100周年記念の黒崎えり子コラボレーションのスワロフスキーボールペンは、とても綺麗でインパクトはあるのですが、非常に書きにくいです。
海外へ行った際、このボールペンを使用していると、話が弾みますが、「無茶苦茶書きにくい」と言うと、「まさに!」という感じで帰ってきます。
それでも、日本語よりはアルファベットのほうが書きやすいですが。

伊東屋の店頭でいろいろ試させて頂いて、「まぁまぁかな…」と思って購入したのは、CARAN d'ACHE(カランダッシュ)のエクリドール リコシェのシリーズです。鉛筆のような6角形が手にしっくりと馴染んで、中々書きやすいです。
購入したのが限定品モデルフラ・ダ・リ(ゆり)。初カランダッシュです。
その後、いろいろなシリーズを購入して、何だかんだと4種類くらいに増えました。
去年、偶然スイスを訪れることがあり、その時にキオスクみたいなところでも購入しました。
確か、300円くらいだったかと思いますが、日本で買った高級シリーズよりも、インクの伸びがよく書きやすかったです。
あっという間に中身がなくなってしまったのが残念。

一生涯にどのくらいの筆記用具を使って、どのくらいの文字を書くのか、想像もできないですが、ボールペン好きの私としては、これからも心地よい書き味を探してみたいと思います。
* 雑貨 * 10:19 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ