真珠のブローチ

真珠のブローチピンボケ写真ですが、定番の真珠のブローチです。プラチナの台に真珠が8粒。全体のサイズはかなり小さめのブローチですが、襟元に刺すと以外にも映えて、大きく見えます。
元々の所有者は母。
父との旅行で瀬戸内海を訪れた際、購入してもらったもの(らしい。)
デザインの選択性がいかにも父らしく、無難で一般的。

母はブローチはあまり付けないというので、20歳の頃から私が愛用者となりました。
私もあまりブローチは付けないのだけれど、思い立ったときに、ふと、付けてみたくなります。

ショールカラーのスーツに刺すと似合いそうです。
* アクセサリー * 09:46 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

憧れのスタイル −エルメス:スカーフリング−

JUGEMテーマ:日記・一般
スカーフリングエルメスのスカーフリング。綺麗な金色です。チャームとして付いているガデナが可愛らしく、動くと、たまにチャリッとなったりします。
そのため、画像の通り、チャームの周りは丸く傷になってしまいました。
スカーフリングなんて使う機会もないだろと思っていたのですが、首に巻いたスカーフをふんわりとした形でとどめておくにはとても重宝するので、使い始めた頃はびっくりしました。
思った以上にアクセントとなるので、春先の白シャツ+スカーフにはぴったりかも。

白シャツの襟元を少し大きく開けて、そこにプチネックレスをしても格好が良いけど、首元はあえて鎖骨を見せて、シャツに沿わせたスカーフにこのリングでも結構、格好良く纏まります。

オフィススタイルとして、スーツ+白シャツは定番で、ともするとフレッシャーズスタイルになってしまうけど、この年になると、そこそこ、スーツを女っぽく着れるようになりました。
デザイン性のない、ごくごく、ノーマルなスーツに白シャツ。
黒のハイヒールに、極々薄いストッキング。
同僚からは「(見た目、)動くキャリアだね」と冷やかされますが、(実際のキャリアはまだ付いてこない。。。)私の基本の憧れのスタイル。

黒のタイトスカート+白シャツ+ハイヒールが様になるって、憧れませんか?
* アクセサリー * 08:55 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

撮影会 アレクサンドルドゥパリ

ヘアアクセサリーのアレクサンドルドゥパリ。繊細で優しい女性の心を虜にするディテールです。ここ1〜2年の間に購入したものを並べてみました。
中央にあるのが、今一番のお気に入りで、染井吉野の桜色のベースに石が散りばめられています。春先の柔らかい光を受けて、きらきらと輝いて、とても綺麗です。
ヘアカラーも優しい色に染め直しました。
左上にあるモコモコはクリップです。ミンクの毛がクリップに巻きついている感じ。同じシリーズでボンボンタイプになっているゴムも購入したのですが、一回も使わずに現在も仕舞ってあります。考えてみるとボンボンを付けるシーンって。。。
旅行に便利な一品です。バレッタ式でかなりサイズは大きいのですが、日中は髪を束ねる役をこれひとつでOKですし、夜の食事ではヘア飾りとして、立派なアクセサリーになります。アップにした髪に付けてもよいし、流した髪に挿しても綺麗です。
旅行はたくさんのヘアアクセサリーを持っていけないので、日中も夜も使えるものはとても便利です。
写真の撮り方が悪かったのかと思いますが、このヘアアクセサリーはとても綺麗なブルーグレーです。散々悩んで(ちょっとだけ、予算オーバーだったので。)1ヵ月後くらいに購入しました。花びらの淵にトリミングされている石としい、ベースのグレーといい、文句なく私の心をつかんだものです。
ぽったりとした中央の花芯もアレクサンドルらしく、かわいらしさがあります。意外とスーツに合うので、仕事で重宝しています。
くるくると巻いたリボンが解けたようなデザイン。小さいバレッタですが、淵の石は以外にも目立ちます。ベースのベージュは上で出てきたカメリアと同じ。私の大好きな色の一つで、多分、一番似合うと言われている色です。
細く編んだ三つ編みのアクセントとして使っています。
小紋くらいの格であれば、着物にも違和感なく合います。
紺色好きな私が普段用に購入したクリップです。写真では青が強調されていますが、もう少し紺色に近く落ち着いた色です。側面に石は付いていないので、控えめな感じのヘアアクセサリーです。
クリップのトップの部分に石が付いたタイプは始めて見たので、入ったお店で衝動買いしたのですが、お店の方には、「そうですか?定番ですけど。」と冷たく言われてしまいました。
やっぱり、いつものショップで買えば良かったと、ちょっと後悔。
* アクセサリー * 12:03 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

紅白のお祝い梅?-ピンキーリング-

上海オーダー香港でオーダーしたピンキーリング。オーダーしてから1ヶ月半くらいで到着しました。思った以上に時間がかかってしまったのは、多分、デザインのせい。普通はピンキーリングとしてはオーダーしないデザインだとか。私はどうしても小指に花を咲かせたくて(?)ピンキーにしてしまいました。(ピンキーで小さいからといって、価格が安くなるわけではないんです。サイズが大きくなる場合は、価格が高くなるのにね!)
お花の部分…梅の部分は紅珊瑚と白蝶貝です。(たぶん。)紅が中心に向かってほんのり白く、ふっくらとした花弁が可愛らしいです。私のごつい手に似合うかどうか別ですが、気に入っています。
最初、この紅珊瑚と白蝶貝で市松模様のリングがあって、それがいいなと思っていたのですが、こういうモチーフのあるデザインリングを1つも持っていなかったのでこちらにしました。
上海オーダー ケースこれは、リングを入れてくださった箱です。普通の化粧ケースではなくて、サテンのリボンが始めからケースに付いているのがなんともプレゼントらしく、可愛いです。日本の宝飾屋さんもこういうところに気を使ってくださると嬉しい。
ところで、皆さんはアクセサリー類をどうやって管理されていますか?私の場合、日常で付けるものは殆どが出しっぱなしです。自宅に帰って軽く拭く程度、都度ケースに仕舞うようなことはありません。日常使いしないものは、頂いたケースに収まって、そのまま収納しています。美しい螺鈿細工の宝石箱を見たり、革貼りの豪奢なケースを見る都度、こんなケースに綺麗に仕舞ったら、美しいのだろうな…と思いつつも、隙間からホコリが入るような気もするし、宝飾屋さんで誂えてくれたケースの方が宝石にとって良い環境なんだろうな、などと思って、移し変える気にならず、結果、宝石箱なるものもありません。せめて、日常使いのものくらい、箱に収めればよいのですが、トレーにジャラーっと置いてあります。
もう一つ。
新しいアクセサリーを始めて付ける日は、何かハレの日であるよう気にしています。そんなこと、気にしなくても良いのだろうけど、縁起担ぎでしょうか。年齢を経るにつれ、以前よりも気にするようになりました。新しいモノをつけた日に、何か悪いことや上手くいかない事があると、新しいモノと古いモノが合わないのかな…と思ったりもして。ヘアアクセサリーやペンダントは気にならないのですが、指輪とイヤリングは気になります。
* アクセサリー * 08:16 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

ふわふわの髪飾り-ALEXANDRE DE PARIS-

髪飾り例の如く、アレキサンドル・ドゥ・パリの髪飾りシリーズです。
今回のコレクション品(?)はファーの髪飾り、クリップとゴムです。
最初に購入したのはクリップで、そのかわいらしさに一目惚れいたしました。ミンクの色は黒・茶・ベージュ、そしてこのアニマル柄でした。落ち着く茶、清楚な黒、優しいベージュ、どれも素敵だったのですが、普段、アニマル柄を全く持っていない私に、この模様はとても新鮮でこれに致しました。クリップのサイズもいつも使っているサイズだったのでちょうど良かったです。
クリップに留められたファーは見た目よりも、ずっと、たっぷりと使ってあって裏側に隠れてしまっている部分が、何だかとても勿体無く感じます。
当然、水物は厳禁なので、お風呂に留めていかないように気をつけなくては!
ゴムについたボンボンファーは、後日、見つけたものです。こちらも他の色もあったのですが、クリップを買っていることもあり、他の色だと平凡すぎるような気もして、アニマルに致しました。
実はショーケースの展示品と、奥から出してきて下さったものと2つあったのですが、ショーケースの方が並べてみるとファーがふわふわしていて大きいのです。多分、微妙なサイズ差と、しまってあった物は、その分、空気に触れずにぺちゃんこになってしまったのかも知れないのですが、展示品の方を頂いてしまいました。
実はボンボンファーは、あまりに可愛すぎて、我が年齢を思うと付けるのに躊躇しております…。
* アクセサリー * 13:00 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

暖かい小道具 -セルモネータの手袋-

手袋何年か前にもご紹介させて頂いたと思いますが、セルモネータの手袋です。5月にイタリアへ行った際に、スペイン広場のセルモネータ立ち寄って購入してきました。以前、うかがった際には仮店舗でしたが、今回はきちんとリフォームされたお店になって…、なって…、、、。気のせいだと思いたいのですが、数年前に行った仮店舗のほうが綺麗だったりします。
さて、季節柄か、店舗に並ぶアイテムは春・夏用のを意識した軽めのレザーが多かったです。裏地なし、パンチングレザー、NAPPAの薄いなめし、レーシーな切り口、鮮やかで軽やかなパステルカラー。
見ていて全部欲しくなってしまうくらい、素敵なグローブばかり。
小一時間ほど、迷いに迷って購入したのが写真の3点です。
ホワイトベージュとライトグリーンはパンチングレザーで同じデザインの色違いです。(ライトグリーンは現在使用中なので、汚れと皺が目立ってしまっていて、お見苦しくてごめんなさい。)素材の革はNAPPAレザーでとても薄くて柔らか。手にぴったりと馴染見ます。裏地がないので、手もすっきりと見えます。パンチされている穴も半円の波を描いてなんだか、軽やか。
色は5月の時点で、気になっていた2色を選びましたが、冬の今でも満足しています。
もう一枚の黒手袋は、裏地がカシミアの暖か手袋です。表はこちらもNAPPAレザーで、とても柔らかいです。こちらの手袋のポイントは縫い目に使用されている赤いライン。手袋の縫い合わせを赤のレザーヤーンを使用しているので、それが手袋の縦ラインを強調して指長効果を見せてくれます。何より内側にカシミアが使用してあるため、もったりした感じになってしまう手袋のですが、このラインですっきりと綺麗に見えます。

最近ではセルモネータの手袋は百貨店でも購入できるようになりましたが、種類が少ないです。後、デザイン性の高いものばかり置くので、シンプルで安いものが全然ないのがさびしいです。
ネットのほうが豊富に手に入るかな???
* アクセサリー * 05:11 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

好きなんです -ALEXANDRE DE PARIS-

ここ数ヶ月で手に入れたALEXANDRE DE PARISの髪飾り。写真に納めて、並べてみました★
優しい色調と柔らかいフォルムが女らしくて、大好きなんです。
ALEXANDRE DE PARIS バレッタブルーグレーのグラデーションが美しいバレッタです。それほど大きくないし、過激な華やかさではないので、思った以上にスーツに似合いました。花びらを縁取るキラキラした石と、ふっくらとした花芯が温かみを感じさせます。ブルーグレーというクールな色なのに、柔らかい印象があって大好き。
最初に出会ったのは今年の一月。他の髪飾りより少し高価で、買うのに躊躇。その時はあきらめたのですが、諦めきれず、再訪。だけれど、既にそこにはなくて…。「ああ!やっぱり買っておけば良かった!」と強く後悔しました。
今年の夏過ぎに、別の店舗で発見!セール期間中なのに、セールにもなっていなくて、ちょっとだけ悩んで購入しました。

ALEXANDRE DE PARIS バレッタこれはかなり大きなバレッタです。直径7〜8cmはあるでしょうか。そのまま付けた場合、私のヘアスタイルのボリュームからすると、とても大きくてちょっとバランスが悪いのですが、髪をアップにして、少しだけ下側に止めると、とても華やかでエレガントになります。実は、お店のかたがそうやって使っていて、とても素敵だったので真似したくて、購入しました。中心の花びらに縁取られた石もキラキラと綺麗ですが、大きな3枚の花びらは、光を優しく反射してふんわりとした雰囲気を醸し出してくれます。

ALEXANDRE DE PARIS バレッタ細長いバレッタのベースにぷっくりした小花が密集しています。淡い藤色ベースの上に暖色系の小花はとても可愛らしいです。手触りがとても不思議な感触で、ついつい、触ってしまいます。
寒色系の色味を購入したのは、この時が初めてでした。

ALEXANDRE DE PARIS バレッタサテンのリボンのようなイメージのバレッタ。持っている中ではかなり小ぶりな部類になります。縁取られたラインストーンに光が当たると、それを反射してさらに柔らかいリボンのような感じになります。くるりんと巻いている部分が好きで購入しました。他にもバリエーションがあったのですが、買わずに終わってしまい、ちょっと残念。見た目よりも、髪に留めたときに華やかになるバレッタです。

ALEXANDRE DE PARIS クリップクリップ3種。リーフのモチーフがついたクリップは以前にもアップした気がします。3種の中では一番小さなこのクリップが、実は止める威力は一番強いです。歯の部分が金属なのもこれだけです。かなりしっかりと止まるので、髪が落ちてくることはありません。
ヘビーローテーションで使っているのは他の2つ。シンプルなのでお洋服に合わせやすいのと、非常に止めやすい。バネの力が私に合っているのだと思います。歯も丸みを帯びているので頭皮に優しい辺りです。髪を止めなおす時、その色で癒される気がするクリップです。

ALEXANDRE DE PARIS クリップお花のモチーフの付いたクリップ。髪の色に一番しっくりと馴染んで見た目よりもずっと大人しい感じになります。
お花のモチーフは厚みがあって、私には輪切りにした「蓮」に見えてしまうのですが…。モチーフはクリップの両面についています。壊さないようにそっと開いて髪を止める…ちょっとだけ幸せな時間です。このクリップはセールで入手しました。

髪留めはかなりの種類を持っています。気分に合わせて選んだり、洋服に合わせてみたり…。中でも、やっぱりクリップは便利です。仕事中、さっと留めて、帰宅時にはさっと外す。髪に跡が付かないので、ヘアスタイルを損なうことがなく、本当に便利です。
* アクセサリー * 08:29 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

遊び心のカチューシャ(ALEXANDRE DE PARIS)

アレキサンドル・ドゥ・パリのカチューシャです。最近、髪型を変えたこともあり、バレッタやクリップで留めるよりも、カチューシャで髪を抑えるほうが、ずっと多くなりました。バレッタやクリップだと、どうしても跡が残ってしまいますが、カチューシャだと抑える感じなのではずした後も跡が残ってしまうことがありません。そして、片手ですっと抑えることが出来るのでとても便利で重宝します。ALEXANDRE DE PARIS カチューシャこのカチューシャはベージュのマーブル模様。マーブルが偏光するので、象嵌細工のような美しさがあります。ベースの茶にベージュの偏光はキラキラと華やかな割には落ち着いていて、オフィスシーンでも思ったほど目立つことはないです。
今回購入したものは形がアイグラスなので、かなり遊びっぽさがあり、オフィスシーンでは、やはり目立ってしまいますが、普通の3mmサイズのカチューシャなら2本付けでも大丈夫だと思います。
このシリーズにはもっと幅広のアルカイック模様のようなカチューシャもあります。散々迷ってこのアイグラスに致しました。
バレッタやクリップはスワロフスキーが沢山付いた、キラキラしたものをついつい選んでしまいますが、カチューシャはその存在だけで目立ってしまうので、形や素材、大きさなどに気を使います。
実はもう一つ、蝶のモチーフのカチューシャが欲しかったのですが、モチーフの大きさに取りあえず、断念することにしました。(でも、買ってしまいそう…。)
* アクセサリー * 13:50 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

もぉ、ひたすらキラキラ! -コクヨ100周年の黒崎えり子コラボレーション-

コクヨと黒崎えり子のコラボレーションあの文房具のKOKUYO(コクヨ)が100周年記念として、ネイリストの黒崎えり子さんとコラボレーションしたステーショナリーの一つ、ボールペンです。
スワロフスキークリスタルをびっちりと敷き詰めたボールペン。もう、ゴージャスの一言しかないです。店頭で初めて見たときは、その存在感に圧倒されて、心を奪われました。当然、購入は決定!ただし、どれを購入するかで1時間以上悩んでしまいました。グラマラスピンク、ラブリーハート、ピンクヒョウ。どれも可愛らしくて、キュートです。本当の所、全部欲しかったのですが、大人らしく、1つを選び出しました。購入したのはグラマラスピンクです。ラブリーハートもピンクヒョウも物の形が象ってあったので、それなら、ランダムなグラデーションのグラマラスピンクがいいかしらとやっとの思いで選び出しました。
専用のペンケース(ピンクのバックスキン)と、予備のクリスタルも付いています。
一際大きなクリスタルはチャームになっています。このチャームにはマグネットが付いているので、ポケットにペンキャップのように挟み込むことが出来るので、落とす心配がありません。
小ぶりなペンも、バックに収めやすくて便利です。
(もっとも、ビジネスシーンで、これで、メモを取ると、ぎょっとされますが…。インパクトがあるので、憶えてはもらえると思います。)
ペンはヘッド部分をぐるりと回してペン先を出す繰り出し式です。キャップが無くなる心配も、キャップが外れてしまったためにバックを汚してしまう心配もありません。

他に名刺入れもあって、お揃いで欲しかったのですが、名刺入れは使う相手を選ぶので、諦めました。

興味のある方はコクヨのページでどうぞ…。私の写真より、ずっと綺麗なボールペンを見ることが出来ます。…ホント、綺麗なんです、可愛いのです!
他に、松田行正氏、グルーヴィジョンズ氏がコラボレーションしています。

コクヨ100周年記念限定デザイン(KOKUYO 100th ANNIVERSARY Limited Edition)
* アクセサリー * 10:55 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

夏に向けて、フレンチのグラデーションネイルはいかが?

ネイル所用があってお出かけして、ヘロヘロになって帰ってきました。本当はのんびり、ゆったり出来るはずだったのに、やっぱり、こちらの思惑通りには事は運びませんでした。
そんなヘロヘロの時、私が救いを求めるのはエステサロンです。エステサロンで至福の一時を過ごすと、疲れも癒され、「また、頑張んなきゃなぁ〜」と元気が出てきます。いつもの如く、「駆け込み予約」をしようと思ったら、生憎と開いていない…。「どうしようか…」と考えるまでもなく、「エステサロンがダメならば、ネイルサロンで!」とネイルサロンに電話をしておりました。癒してくれるのなら、部位は問いません(笑)。
そして、こちらが今回オーダーしたフレンチのグラデーションネイルです。手にさえも疲れが見えていて、お恥ずかしい限りの写真ですが、前にネイリストの方のホームページを拝見してから、「次回はコレで!」とお願いしていたものです。自爪から爪先の白まで綺麗なグラデーションで構成されています。グラデーションの中間部分には偏光パールのラメが入っていて、キラキラと綺麗…。さすが、長年お付き合い頂いていることだけあって、私の好みをご存知です。
「パール入れると(3Dにすると)可愛いのですよ〜。」という甘い囁きを必死にお断りしました。入れたかったけど、流石に職場には派手すぎるかと…。夏休みの楽しみとして、3Dは取って置く事に致しました。
「お疲れなんですね…」と優しい言葉をかけてもらって、ハンドマッサージもしてもらって、ご機嫌で帰宅いたしましたら、携帯に伝言が…。発信元は会社。「え?何?」と思う間もなく、来週は南へと所用が出来てしまいました。
飛行機って乾燥するのですよね…。出張に伴う”スキンケア手当て”、欲しいです。(ついでに、靴代も。)
* アクセサリー * 08:15 * comments(2) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ