今年の運気 赤のランジェリー

赤いレースのランジェリー。
今年の初め、雑誌で見た記事を気にして、赤いランジェリーを買ってみました。ランジェリーの赤は活力を上昇させるそうです。リボンは人との和を。
購入する前に、自分が持っているランジェリーを総動員して何色が多いか調べてみました。やっぱりベージュ〜白がダントツ。次が紺色。濃いブルーは好きな色なので、これも納得。同じくらいの数で黒。黒の下着、もっていなさそうで、世の女性は1つは必ず持っている。喪服用とかではなく、普通に普段につけるためです。思った以上に数が少なかったのはピンクの下着。まぁ、年齢もあるのでしょうが、なんとなく、敬遠してしまうのがピンク色です。
さて、この赤いランジェリーを購入するに当たり、いろいろなメーカーの赤を見てみました。赤一色ってかなり出ていそうで、実は少ないです。どこかしらに異なる色や違う赤色が入ってきます。
(ランジェリーの単色自体が少なかったです。)
ヨーロッパブランドもいくつか並べてみましたが、やっぱり日本ブランドの赤が私にはしっくり来ました。ヨーロッパ系の赤はもう少しクレヨンの赤に近い感じで、ちょっとだけ光が足りない気がしました。
* お洋服 * 12:00 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

今年は当たり! -ポールカ福袋-

ポールカ福袋今年の年初めに百貨店のポールカで購入した福袋に入っていたパンツスーツです。50,000円也。今年は私好みのベージュで非常に嬉しかったです。(去年はピンクの可愛らしいスーツで、着るのに少し勇気が必要でした。。。)素材はコーデュロイの起毛素材。写真の撮り方が非常に拙くて、魅力的なスーツに見えないのが残念ですが、とても素敵なスーツです。
パンツの丈は膝下7cmくらいでしょうか。上着と合わせて、ブーツを履くとマニッシュで乗馬服のようなイメージになります。
起毛といっても綿素材なので、普段着として気にせずに着れるところも便利。

コーディネートで春先まで楽しめそうです。
* お洋服 * 11:49 * comments(0) * trackbacks(1) * - -

この夏の2品 -銀座ボーグ-

既に街中は秋の気配ですが…。
この夏に活躍した帽子2品です。
帽子を被るとヘアスタイルが崩れてしまうので、基本は日傘なのですが、帽子自体は大好きなアイテムです。装いがとても華やかになるし、少し正装した感じが出ますよね。

銀座ボーグ帽子こちらの帽子は実は去年購入いたしました。オーガンジーとレース使いの小ぶりの帽子でつばも広くなく、かなり深めに被ります。被り方が深いので、しっかり日よけになりますし、風に煽られて飛ばされることも少ないです。その上、非常に型崩れしにくいため、旅行には最適な帽子。1/4くらいに畳んでカバンの中へ納めても、被るときには綺麗な形に戻っています。
ベージュのオーガンジーは光沢があり、とろりとした柔らかい光を作ってくれます。黒のレースも思ったよりも派手すぎず、かといって地味すぎず、夜に被っても問題ないくらい。リボンは丁度、右サイドに来ます。
購入したときに着ていたベージュのワンピースにぴったりだったので、思わず衝動買い。
衝動買いが出来るほど、頭は小さくないのですが、少し広げてもらい、被れるようになりました。布製の帽子はサイズの調整がかなりな範囲で可能のなので、とても買いやすいです。

銀座ボーグ帽子そしてこちらは今年の初夏に購入した一品。チェックのオーガンジーってちょっと可愛らしいでしょう?つばに付いたグレーのコサージュも華やかです。麻とオーガンジーの組み合わせなので、黒+グレーも重たくならず、涼しげな感じになります。
イタリア行きが決まったとき、駆け込むようにボーグさんへ入って購入しました。本当は別のタイプが欲しかったのですが、オーダーしている時間もなく、また、以前購入した布製の帽子(上の帽子)が扱いやすかったこともあり、決めました。
同行者にはとても評判の良かった帽子です。
つばが上を向いているので、明るく元気な印象になるようです。

帽子はどうしても夏物が多く、秋冬用の帽子は今までに数点しか買ったことがありません。今度は是非、秋冬用に挑戦したいと思っています。
秋冬用って、どうしてもコートとのバランスがあるので、コートを出してからでないと、購入しに行けないのです…。でも、コートの季節って、寒いので帽子屋さんまで行くのも、ちょっと、躊躇したりして。
* お洋服 * 09:22 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

去年の帽子 -銀座ボーグ-

銀座ボーグ帽子2005昨日の記事に書きましたが、こちらが去年の帽子です。素材は麦ブレードの細編み。艶やかな光沢がクラウンやプリムに見えてとても綺麗です。
リボンはハリのあるシフォンです。
この帽子はリボンを前にして被ります。かなり深めに被るタイプなので、プリムが小さくても顔はばっちり日差しを避けることができます。そして、通気性が良いのと、とても軽いのです。楽ちん。
深めに被るタイプでプリムも小さいので、風で飛ばされる心配はほとんど皆無です。
今年の帽子にはコームを付けていただきましたが、この帽子にはコームは必要ないです。
この帽子、見た目はとってもエレガントなのですが、以外にもGパンなどにも合います。帽子を被るだけで、優しく上品な婦人に見えるのがすごいところ。”馬子にも衣装”とはよく言ったもの…。

銀座ボーグではいくつかの定番の形があります。その形を素材を変えたり、アクセサリーを変えたりして楽しむことができるのです。同じ形で、秋・冬用にベロア素材の帽子が出ているのですが、印象がまったく違います。秋冬のベロアはしっとりとした大人な女性。さすがにGパンには合いませんが。
今年の春夏用として、この形で麦ブレードの荒めの編みが出ていました。
リボンもシフォンではなくて、麦ブレード…。とっても素敵だったので、欲しかったのですが、「違う形をいくつか試されてから、気に入ったものを定番になさっては…?」とのアドバイス。

憧れは、クラウンが非常に浅く、プリムが大きいもの。…お洋服のデザイン画に書かれているような帽子です。
残念ながら、私には合わないのです。素敵な帽子を被らせていただきましたが、お店の人がコメントに困るくらい似合わない。すっごく良心的な表現で「トランプマン」…自分で被っても、なんか、丸餅に帽子が乗っている(被っている感じではないのですね…)感じ…。
* お洋服 * 08:24 * comments(6) * trackbacks(0) * - -

夏の日差し対策 -銀座ボーグの帽子-

銀座ボーグ去年に引き続き、今年も銀座ボーグで帽子をオーダーいたしました。…オーダーなんて格好が良いけど、用は頭が大きくてぴったりしたサイズがないのです。どれも小さすぎて…。布製のLサイズならなんとか入ります。パンパンですが…チビTをぴっちり着る着方があるけど布製の帽子がパンパンって、かなり格好が悪いです。
自分のブログを検索してみたら、去年オーダーした帽子が載っていない…。あれ?写真撮ったような記憶があるけど…どうやら、忘れてしまったようです。去年の帽子も綺麗な内に写真に納めておこう。何せ、ジャストサイズの帽子が少ないので、”使用頻度が高くなる=すぐ痛む”という図式です。

去年はベージュの麦ブレードに白いシルクシフォンのリボン。今年は麦ブレードにギャバのリボン。クラウンの部分がベージュでプリムが濃い茶色です。この帽子はリボンを後ろにかぶります。
プリムを少しだけ大きくしてもらったので、日差しもばっちり避けられます。でも、このくらい大きくなると室内ではかぶれないかしら…。
ベージュとこげ茶の2色にしたのですが、この組み合わせでいろいろと悩みました。ベージュに黒もモダンでとっても格好が良かったのですが、こげ茶のほうが印象が柔らかくなります。組み合わせは自由なので、モスグリーンに薄いピンクなんてのも素敵でした。(少し桜餅っぽいので、初夏向きかしら。)

ボーグは帽子をしまう箱も格好が良いです。さすが帽子屋さん。収納には場所を取ってしまいますが、形良く残して、次の年も綺麗にかぶる為には仕方がないですね。
* お洋服 * 08:20 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

夏のリゾートが待ち遠しい -タンクトップ(銀座マギー)-

銀座マギータンクトップ1お出かけ先の駅ビルでふらりと立ち寄った銀座マギーのお店。銀座マギーってコンサバなおば様&ちょっと銀座のお姉ぇさんが入っているようなイメージがあって、過去1回しか利用したことが無かったのですが、たまに私の感性にフィットするものもあります。過去、利用したときは20代。珊瑚色の綺麗なワンピースを購入しました。フレンチスリーブのAラインワンピース…親の受けが非常に良かったです。
さて、今回購入したのは写真のタンクトップ。黒っぽく写っていますが、濃い茶色です。ストレッチのメッシュ生地が数枚合わせてあるので、思ったほど透けることはないようです。手持ちの麻のパンツに合いそうだと思い、手にとって見ると、金糸の刺繍に貝殻の飾り…。お洗濯のことなど考えずに思わず購入してしまいました。
色は他にオフホワイトもあって、最初は”白ね”と思っていたのですが、夏の装い、白ばかりなので、今回は渋めに焦げ茶にしてみました。(こげ茶が似合うような、透けるような白肌だとさらに格好がよいのですが、私の肌は少し黄味寄り。)
銀座マギータンクトップ2こちらが、貝殻がデザインされている部分のアップ。(それにしても、写真が下手。素敵感が全然伝わらないですね。とほほ。)かなり手が込んでいるデザインで、生地へ直接刺繍されている糸のほか、糸に通されたビーズは生地へは縫い付けられておらず、浮いてデザインです。キラキラと縁取りされているビーズは、光に当たると輝いて綺麗。透けることも考慮して、インナーにもこだわって着てみたいです。
夏のリゾートが待ち遠しいお洋服です。
* お洋服 * 08:20 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

蝶々と刺繍とビーズ…そしてチェーンまで -ジーンズ-

ジーンズNomuさんのNomu-log2でニッセンのデニムブーツカットパンツが紹介されていて、確か私も似たようなジーンズをもっていたな…と。
これはお世話になった客先の方からのプレゼントです。「趣味だと思ったから。」とプレゼントされ、「何かしら?」と書類封筒を開けたらこれが出てきました…書類封筒に入っていたジーンズ。
蝶々がピンク調のペイズリー柄でパッチワークされ、銀色の刺繍糸で縁取りされています。更に、ビーズとチェーンまで付いて…か、可愛いっ!確かに趣味です。そのお客様先にはビジネススーツでしかお伺いしたことが無いのに、さすがに長年の付き合いとなると、会話の端々で趣味がバレるようです。(もともと、お洋服好きな方で、お伺いするたびに、「それ、素敵ね。」とか「そのインナー、とってもお洒落よ」とか言ってくださるので、とっても嬉しかったのですが。)
デザインが繊細なので、お洗濯が気になりましたが、思ったよりもずっと丈夫で、洗濯ネットに入れれば、洗濯機でも十分洗えます。何より、はき易いです。デニムの生地が柔らかで、肌なじみがとても良いのです。
もう一着欲しくて、購入されたお店をお尋ねしたのですが、「え?そ、そんなこと、覚えていると思う?」と切り替えされてしまいました。
大胆な柄で、派手に見えますが、色合いがそれほど強くないので、結構、何にでも合います。そして、その大胆な柄のおかげで、気になる部分から自然に視線を外してくれるので、これを履いていると、スタイル良く見えるようです。

ニッセンにも似たような商品があるのですね…、ニッセン、覗いてみようと思います。
* お洋服 * 08:44 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

春のインナー -せめてもの、スーツの下の色香…-

エポカお洋服続きの話題です。どうも、買うときにはいっぺんに買ってしまうクセがあるようです。自分の中で、ぐぐっと底から押し上げるような欲求が出てきて、その時の自分の中のテーマとなっているものを買い込んでしまうみたいです…。
こちらはエポカのシルクジョーゼットのブラウスです。襟元と袖口に大ぶりなフリルが共布でついています。襟元は少し大きめの開きで、全体的なトーンはブラウン。かなりシックな色合いです。シルクジョーゼットなので、当然薄いです。なので、チューブトップのベージュのインナーが付いていました。実はスーツのインナーとして、フリルのブラウスが欲しかったのです。でも、素材感のしっかりした綿やシルクのフリルだとちょっと甘くなりすぎるし、私がイメージしていたのは、スーツの襟元や、袖口から、ちょこっとだけ覗くフリル。少しだけしか出ないフリルですが、その少しだけ覗いているフリルはゴージャスでたっぷりていないと淋しい…。そして色味は単色でなくて、複数の色味が入ったもの。黒やチャコールグレー、ベージュの堅いスーツを、手首や襟元から覗く柔らかいフリルで大人っぽい綺麗な女らしさを作り出したいと思いました。
そんなイメージを持って捜していた時に出会ったのが、このブラウスというわけです。お店の方の話に寄れば、スーツのインナーとしてはもちろん、黒のタイトスカートに、スパンコールをあしらった黒のインナートップ。その上にコレを羽織るとすごくゴージャスで素敵ですよ…と。ふむふむ、、、旅行に行く時のお洒落着としてもいいかも…。ジョーゼットは皺になり難いのも、使い勝手が良いです。
ジョセフこちらは、ジョセフのボウブラウス。シルクタフタでたっぷりの光沢と、ボウの幅が広いので、結ばずに首に巻きつけて、ピンで留めても綺麗です。柔らかい肌触りと、ベージュの色味が好みです。難点は羽織りモノが無いと着れないこと…ノースリーブなんです、これ。堂々と二の腕を晒す勇気はございませんので、やっぱりスーツのインナーか、ショールを羽織って誤魔化すか…。
ゴージャスな光沢ですが、以外にデニムにも合いました。
「ジョセフと言えば、パンツですよね…」とお店の方とお話していたら、「そうなんですよね、日本だと、パンツが先に入ってきちゃったので、そのイメージがありますが、ニットやジャケットにも定評があるんですよ。最近、やっと入ってくるようになりました。」と見せていただいたニットも、ジャケットも、とても素敵でした。柔らかいアースカラーのニットは、しなやかで、緩やかな曲線を体に作ってくれそうですし、ジャケットのバックスタイルの格好よさと言ったら!
思わず購入しそうになりましたが、なんだか、折角見つけた素敵なもの、また、お邪魔したいなと思い、購入を思い留まることができました。もう少し日差しが強くなったら、サラリとしたサマーニットと清清しいスーツを探しに訪ねてみたいと思います。
* お洋服 * 10:00 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

春のスーツ -PAULE KA(ポール・カ)-

ポールカ春ですね、昨日はものすごい風でした。春一番…は既に過ぎ去ってしまいましたが、「花嵐」と呼ぶに相応しい強風。冬から春へ切り替わる季節に強い風が吹くと、子供の頃に読んだ「北風と太陽」という童話を思い出します。
さて、春のスーツとして、ポール・カでお買い物を致しました。スーツと、それに合わせたインナーです。濃紺の生地に白のピンストライプはベーシックなスーツそのものなのですが、襟口や袖口、そしてスカートのひだの内側にある水玉模様が可愛らしいでしょう?インナーもその水玉に合わせて。
ポール・カのお洋服は大好きなのですが、買いに行くたびに、「設定年齢はどのくらいなのかしら…」と気になってしまいます。試着して、”まだ、大丈夫かしら…”と不安になりながら。お店の方は「大丈夫です」と仰るのですが、本当に客観的に見た視線で、「大丈夫」ラインに入るのだろうかと。
まぁ、「大丈夫」ラインに入らなくても、可愛らしいので買ってしまうのですが。これと一緒にスプリングコートも欲しかったのですが(スプリングコート、プリーツなんです。まさにドレスコートとしても着られそうっ!)、そこまではやり過ぎだと自重いたしました。
このスーツに、サラリとショールを羽織って、街を歩けるくらい暖かい日が早くくるといいな…、まだ、寒いですもの。
* お洋服 * 08:27 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

優雅な夜を… -シルクのパジャマ-

夜、ベットに入る時、何を着て寝ますか?
私はパジャマを愛用しています。素材は絹。シルクのパジャマ…何て言うと、ゴージャスでリッチな感じがしますが、もう何年も着ているものなので、とてもお写真でお見せできるような代物ではございません…。

シルクのパジャマを使いだしたのは、もう、ずい分と前になります。出身が横浜と言うこともあって、絹製品は割と身近なものでした。中華街とかでは、本当に安く販売していますし、シルクセンターで開催される物産展でも良いものを安価に入手できました。(今はどうなのでしょうね…)
親の影響もあって、物心ついたときには、パジャマは絹だったような気がします。(子供の頃は、シルクのパジャマの上に、ラクダの服巻でした★)”Simple is Best”(質実剛健)が身上の両親だったので、パジャマは普通の、何の変哲もないパジャマでした。友人宅へお泊りに行った時、友人が可愛らしいネグリジェや、フリルの沢山ついたパジャマを自慢気に着ているのを見て、本当に羨ましかったです。
そんな私も現在では、すっかりシルクパジャマ信奉者になってしまいました。肌あたりが柔らかく、汗の吸収が良く、洗うほどに柔らかくなって、乾きも早い!そして、シンプルな形ほど飽きないものです。
無地の(織柄も入っていない)パジャマのアクセントは、パジャマを縁取るようにあるパイピングです。現在、槐、紺、グレー、ピンク、白がありますが、白のパジャマは紺色のパイピング、それ以外は白のパイピングです。
何度もお洗濯をしたパジャマは、てろてろになって、本当に肌のあたりが柔らかいのです。とろりとした光沢は、夜眠る前に贅沢な気分にさせてくれます。

いろいろなブランドからシルクのパジャマが出ています。布の厚さや光沢も様々ですが、私は少し厚手の織りが好きです。肌の上をするするとすべる感触、よろしければ、一度お試しください。(愛用品はディオールのピンク。一番古いパジャマですが、しっかりした作りなので、まだまだ、現役。)
* お洋服 * 08:14 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ